本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

宮沢孝幸「京大おどろきのウイルス学講義」感想:おどろいた

宮沢孝幸「京大おどろきのウイルス学講義」の感想です。

村上春樹「パン屋再襲撃」感想:パン屋再襲撃の理由を考えてみる

村上春樹「パン屋再襲撃」ネタバレ感想及び考察。

橋本陽介「物語論 基礎と応用」感想

橋本陽介「物語論 基礎と応用」の感想です。

アガサ・クリスティー「春にして君を離れ」感想:「恐しさ」と「哀しみ」の原因について

アガサ・クリスティー「春にして君を離れ」のネタバレ感想です。

中山淳雄「推しエコノミー」感想

中山淳雄「推しエコノミー」の感想です。

シェイクスピア「ハムレット」感想:ツッコミどころのある作品。

シェイクスピア「ハムレット」ネタバレ感想。

冲方丁「マルドゥック・アノニマス 6」感想:ようやく。

マルドゥックアノニマス第6巻ネタバレ感想。

宇佐見りん「推し、燃ゆ」感想:燃えない私の推し、神、そして信仰の果て。

宇佐見りん「推し、燃ゆ」のネタバレ感想です。

オルダス・ハクスリー「すばらしい新世界」感想:ディストピアか、ユートピアか。

オルダス・ハクスリー「すばらしい新世界」ネタバレ感想。

カズオ・イシグロ「日の名残り」感想:夕陽の様に温かな作品。

カズオ・イシグロ「日の名残り」ネタバレ感想。

ポール・デイヴィス「生物の中の悪魔 『情報』で生命の謎を解く」書評

ポール・デイヴィス「生物の中の悪魔 『情報』で生命の謎を解く」の書評です。

高橋弘希「送り火」感想

高橋弘希「送り火」ネタバレ感想。

高山羽根子「首里の馬」感想:孤独はタイムカプセル。

高山羽根子「首里の馬」のネタバレ感想です。

トーマス・トウェイツ「人間をお休みしてヤギになってみた結果」感想

トーマス・トウェイツ「人間をお休みしてヤギになってみた結果」のネタバレ感想です。

トーマス・トウェイツ「ゼロからトースターを作ってみた結果」感想:ルールの潜脱が面白い作品

トーマス・トウェイツ「ゼロからトースターを作ってみた結果」のネタバレ感想です。

山本義隆「近代日本百五十年 科学技術総力戦体制の破綻」感想

山本義隆「近代日本百五十年 科学技術総力戦体制の破綻」の感想です。

J.D.サリンジャー「キャッチャー・イン・ザ・ライ」感想:青春の瓶詰め。

J.D.サリンジャー「キャッチャー・イン・ザ・ライ」ネタバレ感想。

劉慈欣「三体」感想:四体。

劉慈欣「三体」ネタバレ感想。

村田沙耶香「タダイマトビラ」と人類の脳

村田沙耶香「タダイマトビラ」ネタバレ感想。

小川一水「ツインスター・サイクロン・ランナウェイ」感想

小川一水「ツインスター・サイクロン・ランナウェイ」感想。

ガルシア・マルケス「百年の孤独」感想

ガルシア・マルケス「百年の孤独」感想ネタバレ感想。

北村薫「盤上の敵」感想

北村薫「盤上の敵」ネタバレ感想。

宮沢賢治「毒もみのすきな署長さん」感想:衝撃のラスト2行

宮沢賢治「毒もみのすきな署長さん」ネタバレ感想。

スティーブン・ウィット「誰が音楽をタダにした?」書評と感想

スティーブン・ウィット「誰が音楽をタダにした?」の書評と感想です。

ナイツ塙宣之「言い訳 関東芸人はなぜM-1に勝てないのか」書評と感想:お笑いが少し笑えなくなる作品

ナイツ塙宣之「言い訳 関東芸人はなぜM-1に勝てないのか」書評と感想です。

山里亮太「天才はあきらめた」書評と感想:天才と狂気。

山里亮太「天才は諦めた」の読書感想文です。

上田岳弘「私の恋人」感想:確固たる印象は出ません。

上田岳弘「私の恋人」ネタバレ感想。

小川一水「群青神殿」感想:軽快かつ視覚的な作品

小川一水「群青神殿」ネタバレ感想。

郡司芽久「キリン解剖記」書評と感想:キリンが好きになる一冊

郡司芽久「キリン解剖記」の紹介と感想です。

夢野久作「ドグラ・マグラ」感想

夢野久作「ドグラ・マグラ」のネタバレ感想です。